2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
千鳥ケ淵
2010/04/03(Sat)
 今日は千鳥ケ淵に行きます。
 満開の桜を、桜の名所に見に行くのは、実を言うとこれが生まれて初めて。
 楽しみです~☆

 まずは腹ごしらえ。
 ロッテリアでエビバーガーを食べました。
 これが、予想以上に美味しくてびっくり。是非また食べたいです。
 九段下で降りると、人! 人! 人! の人だかり。法政大学の入学式も重なっていたみたい。
 しかし、地下鉄の駅を降りた時点でもう景色は桜色一色。

 靖国神社に入りました。
 人でごった返していて歩けない。
 しかも、桜の綺麗な場所には飲食店があってのんびり見られない。
 残念な感じ。
 妹が無事に就職先を見つけられるように祈願して、いよいよメインの千鳥ケ淵へ!

 大混雑~!!(汗)
 でも、とても綺麗で感激でした。
 堀に垂れ下がるように咲く桜は風情があって心が和みます。
 半蔵門駅まで歩いて電車に。
 帰りは錦糸町で建設中の東京スカイツリーを眺め(毎朝通勤で見てますが、改めてじっくり見て)、船橋東武で寄り道。
 夕食用に日本一の鰻を買い、おやつに叶匠壽庵の近江米栗ロールとガトーフェスタ・ハラダのラスクを買いました。
 一駅分歩いたので空腹に負け、おにぎりをひとつ頬張りました。いやー旨い。
 満足して家路につきました。
この記事のURL | ひとりごと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<菜の花と姫林檎 | メイン | 花見?>>
コメント
-  -
 靖国神社は、総理大臣の参拝、戦犯の合祀等いろいろな政治的ニュースになりますが、戦争の犠牲となって消えていった多くの若者の拠り所であることも否めません。
 彼らに恥じることのない日々を送っていますか?
 今の平和は彼らの犠牲のうえに成り立っているのを知っていますか?
 特攻隊員の最期の言葉を聞いてください。
--------
 はっきり言うが俺は好きで死ぬんじゃない。
 何の心に残ることなく死ぬんじゃない。
 国の前途が心配だ。

 いやそれよりも、父上、母上、そして君たちの前途が心配だ。
 俺が消えたと言って何も悲しむことはない。
 君たちの多幸を祈り、俺はニッコリ笑って出撃する。

 散れよ散れ散れ桜の花よ、
 俺が散るのにお前だけ咲くとは一体どういうわけだ。

 どうも死ぬ気がしない。
 ちょっと旅行に行くような軽い気持ちだ。

 鏡を見たって死相などどこにも出ていない。
 断っておくが、墓なんか要らないからな。

 白木の箱には紙一枚しか入っていない。
         大塚晟夫 (東京都出身 二十三歳)
2010/04/05 21:20  | URL | myth #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kacura.blog1.fc2.com/tb.php/333-584a3a17

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。