FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
未来へ
2007/03/25(Sun)
 列車の窓に もたれて見てる
 変わらぬ景色が にじんできた
 変わり果てた 私を連れて
 さよなら 合図に走り出す
 悲しい今が すぎてゆく


 日本作詞家連盟という少し怪しい(失礼)団体が、新聞の広告欄に
「あなたの作詞力をチェック」
 というのを載せていたので、例しにと思って投稿してみた作品。

 といっても、これは私の完全なオリジナルではなく、穴埋め形式になっているその穴を埋めて、詩にしてくださいというもの。
 ちょうど再出発を決めた時期と重なり、その思いを綴って投稿。
 数週間後に結果が返ってきて、意外や意外、A評価。
 とはいえ、3段階評価なので、Aをもらっても大したことはないでしょう。
 それに、一緒についてきたのが通信教育の入学案内なのだから・・・。興味はあるが、そこまで金銭的な余裕はないので、というか、やっぱり怪しい(失礼)ので断念しようか逡巡中。

 ちなみにどこを埋めるのかというと・・・

タイトル

 列車の窓に もたれて見てる
 [     ] にじんできた
 [             ]
 さよなら[         ]
 [      ] すぎてゆく




 まあ、興味があったら皆さんもやってみてください。
 私レベルでも、A評価をいただけるので。



Aランク
 作詞に対する取り組み方、発想の豊かさ、表現力、構成力のいずれも一定レベル以上と認めることが出来る。今後の努力次第で、プロの作詞家となる力を秘めていると判断できる。

Bランク
 作品全体をまとめる作詞力は一定レベル以上のものがあるが、新鮮な発想力や表現の意外性という点で若干の力不足を感じる。Aランクを目指して一層努力することによって、作詞家への道を切り開くことも可能であると判断できる。

Cランク
 作詞の構成をもっと勉強する必要がある。主人公の本音を出し切っていない。作詞は創作の世界である。如何に表現力を高め、それを相手に伝えるかが大切な要素となる。表現力・構成力を高める為に一層の研鑽を積むことが望ましいと判断できる。
この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<角度を変えれば | メイン | 直球>>
コメント
-  -
タイトル]

 列車の窓に もたれて見てる
 [海の向こうが] にじんできた
 [にじんで見えたのは涙のせい?]
 さよなら[蜃気楼]
 [幻の季節は] すぎてゆく


なんか70年代のニューミュージックみたいになっちゃいました。てか、こんなので穴埋めって無理有り過ぎです。
2007/03/25 23:09  | URL | skenzi #-[ 編集] ▲ top
- ではさっそく・・・ -
チェックしてみますか?
下の住所に葉書で送るか、FAXすればいいみたいです。

〒104-0001
東京都中央区銀座3の9の4の2
日本作詞家連盟 作品審査部

TEL 03(3543)8743
FAX 03(3543)8741


 穴埋めって無理ありました?
 逆に予め決まっているからこそ、穴に何を入れようかって、すっごく楽しみながら作ることが出来たのですが・・・。
2007/03/26 11:26  | URL | かくら #-[ 編集] ▲ top
- なるほど -
穴埋め、楽しそうですね。
だがまあしかし。
列車って、馴染みがないので。
見識狭い雪嶺一九でした。
2007/03/27 15:41  | URL | 一九 #-[ 編集] ▲ top
- 是非トライしてみてください -
 それにしても、列車に馴染みがないと言われると・・・どんな場所に住んでるの?!なんて思ってしまいますが・・・。
(・・・・・電車は電気で走る列車・・・)
2007/03/29 00:35  | URL | かくら #-[ 編集] ▲ top
- かくら 様 お久しぶりです。 -
かくら 様 お久しぶりです。
福の神様色々有りますが
お値段も色々有ります。
七福神お揃いも良いですが。
一体でもご利益は素晴らしいですよ。
福の神様は本当に福を運んで来ます。
其れが真理真実ですよ。

  かくら 様  冨士丸
2007/03/29 04:45  | URL | 鷹野 冨士丸 #2u.skda2[ 編集] ▲ top
- 本日、会社で七福神を調べました -
 イザナギとイザナミの子供でありながら、子供としてカウントされない神様がおりました。
 ・・・え?!
2007/03/30 01:05  | URL | かくら #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kacura.blog1.fc2.com/tb.php/252-88dd47e8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。